→ 前のページに戻る

大衆演劇ニュース

| 座長大会情報 | 各劇団からのお知らせ | 公演先からのイベント情報 |
| 0481.jpからのお知らせ | 0481.jpブログ |

□■第16回読者プレゼント■□

20170802

0481.jpからのお知らせ 

□■第16回読者プレゼント■□
応募期間 2017年9月10日まで

今回の読者プレゼントは「劇団三桝屋」「劇団武る」の各座長、0481unit「STEC」より下記の商品を御提供をいただきました。
各座長、STECメンバーの方々ありがとうございました。

■「劇団三桝屋」 10品
劇団タオル&ペンライト 5名
劇団巾着袋 5名

■「劇団武る」 5品
劇団うちわ&クリアファイル 5名

■0481unit「STEC」 10品
STECオリジナルうちわ 10名


以上25品となります。
応募はお1人様1品に限らせて頂きます。
どしどしご応募ください。

※0481unit STECは大衆演劇界の若手を集めたユニットです。
今回はユニット公演時にのみ発売されるオリジナルうちわを提供して頂きました。

応募期間 2017年9月10日まで
・「プレゼント応募」ページの内容を全て御記入の上、「希望商品」欄に御希望の商品名と劇団名を記入し「メールを送信する」ボタンをクリックしてください。
・当選者発表の際、応募フォームにて記載された「県名」「お名前(ニックネーム優先)」にて表記し、当選者発表時に「○○県○○さん」と記載されます
・プレゼント商品同種に色や形が異なる品の種類がある場合、指定はできませんのでご了承ください。
・プレゼント応募は0481.jpのメルマガ登録をしている方のみの抽選とさせていただきます。
・当選者発表は0481.jp内の"ニュース"「0481.jpからのお知らせ」にて発表します。
メルマガ会員の皆様には、「読者プレゼント当選者を発表しました」というメールを配信いたします.


□■第15回読者プレゼント当選者発表■□

20170322

0481.jpからのお知らせ 

第15回読者プレゼントもたくさんの皆様よりの応募、御祝いの言葉、応援メッセージを頂きました。
ありがとうございました。

□■第15回読者プレゼント当選者発表■□

■「橘菊太郎劇団」 6品
「橘大五郎サイン入り舞台扇子」 1名
福岡県 博多のまるちゃんさん
「橘菊太郎劇団2017年カレンダー」 5名
栃木県 さめまるんさん
東京都 ことえさん
広島県 スルスルアタリメさん
佐賀県 ちいさん
福島県 メイジさん

■「宝海劇団」 2品
「早乙女紫虎サイン入り舞台扇子」 1名
兵庫県 マーキさん
「宝海大空サイン入り舞台扇子」 1名
兵庫県 リゼットさん

■「劇団しらさぎ三兄妹」 9品
「劇団タオル&ストラップ」 3名
長野県 そっちゃんさん
大阪府 ヤカマンさん
神奈川県 滝本さん
「劇団タオル&メモ帳」 3名
愛知県 LOVE美さん
大阪府 ゆっきーなさん
香川県 ま☆いさん
「劇団ノート&ボールペン」 3名
千葉県 ちょーすさん
静岡県 YuCanさん
埼玉県 ないさん

■「筑紫桃太郎一座 花の三兄弟」 2品
「筑紫桃之助サイン入り舞台扇子」 2名
福岡県 SHIINAさん
三重県 quarterさん


※読者プレゼントは抽選により当選いたします。
※応募フォームにて記載された「県名」「お名前(ニックネーム優先)」にて表記しております。
※当選商品は本発表後に応募フォームにてお客様が入力されたご住所へ発送いたします。
第16回読者プレゼントも企画しております。皆様からの応募をお待ちしております。
※プレゼント応募多数のため第3回読者プレゼントより、メルマガ登録している方のみの抽選とさせていただいております。ご了承下さい。
※(第16回読者プレゼントにはメルマガ登録をしたのち、読者プレゼントへご応募して下さい。)
※(既にメルマガ登録して頂いている方は、再登録の必要はありません。)


□■第15回読者プレゼント■□

20170131

0481.jpからのお知らせ 

□■第15回読者プレゼント■□
応募期間 2017年3月10日まで

今回の読者プレゼントは「橘菊太郎劇団」「宝海劇団」「劇団しらさぎ三兄妹」「筑紫桃太郎一座 花の三兄弟」の各座長より下記の商品を御提供をいただきました。
各座長、ありがとうございました。

■「橘菊太郎劇団」 6品
橘大五郎サイン入り舞台扇子 1名
橘菊太郎劇団2017年カレンダー 5名

■「宝海劇団」 2品
早乙女紫虎サイン入り舞台扇子 1名
宝海大空サイン入り舞台扇子 1名

■「劇団しらさぎ三兄妹」 9品
劇団タオル&ストラップ 3名
劇団タオル&メモ帳 3名
劇団ノート&ボールペン 3名

■「筑紫桃太郎一座 花の三兄弟」 2品
筑紫桃之助サイン入り舞台扇子 2名

以上19品となります。
応募はお1人様1品に限らせて頂きます。
どしどしご応募ください。

応募期間 2017年3月10日まで
・「プレゼント応募」ページの内容を全て御記入の上、「希望商品」欄に御希望の商品名と劇団名を記入し「メールを送信する」ボタンをクリックしてください。
・当選者発表の際、応募フォームにて記載された「県名」「お名前(ニックネーム優先)」にて表記し、当選者発表時に「○○県○○さん」と記載されます
・プレゼント商品同種に色や形が異なる品の種類がある場合、指定はできませんのでご了承ください。
・プレゼント応募は0481.jpのメルマガ登録をしている方のみの抽選とさせていただきます。
・当選者発表は0481.jp内の"ニュース"「0481.jpからのお知らせ」にて発表します。
メルマガ会員の皆様には、「読者プレゼント当選者を発表しました」というメールを配信いたします.


皆様へのお願い

20160418

0481.jpからのお知らせ 

九州演劇協会 本部の片岡演劇道場に
劇団ふじ、小林劇団が避難されています。
連日余震が続き、日々の生活にも不便が重なっており、肉体的にも精神的にも辛い日々を送っています。

九州演劇協会 玄海会長からお聞きしたところ、
郡部では物資が足らず困っているとの事です。
”今、この時” に、
私たち大衆演劇界から”何か”出来ないかと思い、このタイムラインを書かせて頂きます。

皆様、ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

■計画
・小倉 ”宝劇場”へ支援物資を宅配便にてお送り下さい。『4/21木曜日 午前中必着 』でお願いします。
宝劇場 住所
〒803-0841
福岡県北九州市小倉北区清水3-13-31
TEL. 093-571-1766

・私が小倉まで新幹線で行き、 レンタカーのトラックを借り、皆様からの支援物資を積込んで熊本へ走ります。

・片岡演劇道場へ支援物資を持込み、熊本災害本部の情報や郡部の声を元に、支援物資が不足している避難所へ届けます。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
現在、宅配便は熊本市への輸送をストップしていますので被災地へ支援物資を届けるには、この手立てしかありません。

突然の申し出ではございますが、皆様のご協力をお願い致しますm(_ _)m

浜松総合企画株式会社
大衆演劇公式サイト0481.jp
代表取締役 塩崎 豪


皆様へお願い

20160418

0481.jpからのお知らせ 

同魂会 紅あきら会長より ご協力の連絡を頂きました。
博多新劇座にて、
熊本地震 被災地への皆様のからの支援物資を集めて頂けることになりました。
■計画
・福岡県の”博多新劇座”へ支援物資を宅配便にてお送り下さい。
『4/21木曜日 午前中必着 』でお願いします。
住所
博多新劇座 (宛先に『支援物資』とご記入下さい)
〒812-0043
福岡県福岡市博多区堅柏2-3-10
TEL. 092-631-0481
※他の宅配便と支援物資とを区別するため、
宛先の 博多新劇座 の後に、
『支援物資』とご記入くださいm(_ _)m
・私が小倉まで新幹線で行き、 レンタカーでトラックを借り→小倉 宝劇場で皆様からの支援物資を積み→博多へ移動→博多新劇座で皆様からの支援物資を積み込んで→熊本へ走ります。
・一旦、熊本の片岡演劇道場へ支援物資を持込み、熊本災害本部の情報や、郡部の避難所の声を元に、物資が不足している避難所へ振分けて届けます。
現在、熊本市への宅配便は輸送をストップしていますので被災地へ支援物資を届けるには、この手段しかありません。
突然の申し出ではございますが、皆様のご協力をお願い致します。
(支援物資をお送り頂ける方へ。
九州への宅配便は、到着までに日数が掛かり、翌日到着とはなりませんので、お早めの発送をお願い致しますm(_ _)m)
浜松総合企画株式会社
大衆演劇公式サイト0 4 8 1.jp
代表取締役 塩崎 豪
053-473-2461


熊本の地震について

20160414

0481.jpからのお知らせ 

熊本の地震ですが、劇団ならびに関係者の情報により、熊本地方で公演中の劇団は皆さん無事という確認が取れましたのでお知らせ致します。


新年の御挨拶

20160101

0481.jpからのお知らせ 

新春を寿ぎ
 謹んでご祝辞を申し上げます

本年もどうぞ宜しくお願い致します


浜松総合企画株式会社


今年も一年間のご愛顧 ありがとうございました。

20151225

0481.jpからのお知らせ 

大衆演劇界は本日、ほとんどの公演先、劇団が千秋楽公演を終え、一年間の締めくくりと成りました。

1月の公演先へ移動し、舞台道具や衣装、私物などのセッティングが終わり次第、各劇団は年末の休みとなります。

今年も皆様には大変お世話に成りました。
ありがとうございました。

どうぞ皆様良い年をお迎えください。

浜松総合企画株式会社
大衆演劇公式サイト0481.jp
塩崎


□■第14回読者プレゼント当選者発表■□

20151214

0481.jpからのお知らせ 

第14回読者プレゼントもたくさんの皆様よりの応募、御祝いの言葉、応援メッセージをいただきました。ありがとうございました。

□■第14回読者プレゼント当選者発表■□

■「新川劇団」 5品
CD「花の新川夢舞台」 1名
愛知県 かずやんさん
CD「ラストシーン」 1名
山梨県 やまちゃんさん
劇団うちわ&タオル 3名
愛知県 チキンさん
東京都 しょうちゃんさん
岐阜県 つんさん

■「黒潮劇団」 5品
黒潮幸次郎座長ボールペン 5名
大分県 ふみえさん
岐阜県 ぉちびさん
茨城県 つくねさん
静岡県 ローバさん
兵庫県 りえ姫さん

■「劇団王座」 2品
サイン入り舞台扇子 1名
茨城県 愛さん
劇団ハンカチ&シール 1名
大阪府 ぐっちーさん

■「劇団ふじ」 5品
劇団うちわ 5名
福岡県 ネコライスさん
奈良県 あおいさん
大分県 ガイちゃんさん
滋賀県 哲さん
宮城県 かずかずさん


※読者プレゼント商品の詳細は対象劇団のグッズページをご覧下さい。
※読者プレゼントは抽選により当選いたします。
※応募フォームにて記載された「県名」「お名前(ニックネーム優先)」にて表記しております。
※当選商品は本発表後に応募フォームにてお客様が入力されたご住所へ発送いたします。
第15回読者プレゼントも企画しております。皆様からの応募をお待ちしております。
※プレゼント応募多数のため第3回読者プレゼントより、メルマガ登録している方のみの抽選とさせていただいております。ご了承下さい。
※(第15回読者プレゼントにはメルマガ登録をしたのち、読者プレゼントへご応募して下さい。)
※(既にメルマガ登録して頂いている方は、再登録の必要はありません。)


□■第14回読者プレゼント■□

20150916

0481.jpからのお知らせ 

□■第14回読者プレゼント■□
応募期間 2015年11月20日まで

今回の読者プレゼントは「新川劇団」「黒潮劇団」「劇団王座」「劇団ふじ」の各座長より下記の商品を御提供をいただきました。
各座長、ありがとうございました。

■「新川劇団」 5品
CD「花の新川夢舞台」 1名
CD「ラストシーン」 1名
劇団うちわ&タオル 3名

■「黒潮劇団」 5品
黒潮幸次郎座長ボールペン 5名

■「劇団王座」 2品
サイン入り舞台扇子 1名
劇団ハンカチ&シール 1名

■「劇団ふじ」 5品
劇団うちわ 5名

以上17品となります。
応募はお1人様1品に限らせて頂きます。
どしどしご応募ください。

応募期間 2015年11月20日まで
・プレゼント商品の詳細は対象劇団のグッズページをご覧下さい。
・「プレゼント応募」ページの内容を全て御記入の上、「希望商品」欄に御希望の商品名と劇団名を記入し「メールを送信する」ボタンをクリックしてください。
・当選者発表の際、応募フォームにて記載された「県名」「お名前(ニックネーム優先)」にて表記し、当選者発表時に「○○県○○さん」と記載されます
・プレゼント商品同種に色や形が異なる品の種類がある場合、指定はできませんのでご了承ください。
・プレゼント応募は0481.jpのメルマガ登録をしている方のみの抽選とさせていただきます。
・当選者発表は0481.jp内の"ニュース"「0481.jpからのお知らせ」にて発表します。
メルマガ会員の皆様には、「読者プレゼント当選者を発表しました」というメールを配信いたします。


謹賀新年

20150101

0481.jpからのお知らせ 

明けましておめでとうございます
旧年中はご厚情を賜り誠にありがとうございました
本年も倍旧のお引き立てのほど宜しくお願い致します

0481.jp 2015年の目標は「進化」です。

一歩ずつではありますが、システムやページの進化に努めていこうと思います。
データや情報の収集では皆さんにお手数、ご不便をお掛けいたしますが、ご協力のほど宜しくお願いいたします。


浜松総合企画株式会社
大衆演劇公式サイト0481.jp


□■第13回読者プレゼント当選者発表■□

20141230

0481.jpからのお知らせ 

第13回読者プレゼントもたくさんの皆様よりの応募、御祝いの言葉、応援メッセージをいただきました。ありがとうございました。

□■第13回読者プレゼント当選者発表■□

■「劇団ふじ」 11品
「藤仙太郎座長サイン入舞台扇子」 3名
福岡県 のんさん
山口県 さっちーさん
茨城県 ようちゃんさん
「劇団ふじ うちわ」 5名
岡山県 ピー子さん
埼玉県 スナさん
奈良県 CATさん
石川県 佐藤さん
埼玉県 まきさん
「藤仙太郎座長ストラップ」 3名
大阪府 おかんさん
千葉県 841さん
福岡県 みーなさん

■「劇団美山」 11品
「里美たかし座長サイン入舞台扇子」 2名
福岡県 みかんさん
愛知県 やっちゃんさん
「里美たかし座長チケット入れ(女形)」 3名
兵庫県 さとみさん
愛知県 せっちゃんさん
茨城県 やすおさん
「里美たかし座長チケット入れ(立ち役)」 3名
岐阜県 U4さん
東京都 ぃしぃさん
兵庫県 レトロさん
「里美たかし座長KEYMATE(キーケース)」 3名
静岡県 ちょーいさん
千葉県 みゅきちさん
和歌山県 おぐらさん

■「光栄座」 3品
「滝夢之助座長サイン入ポスター」 3名
石川県 ふささん
広島県 B助さん
福岡県 MICHIKOさん

■「浅井研二郎劇団」 10品
「浅井研二郎座長写真入りメモ帳 男&女セット」 10名
大阪府 ねねさん
奈良県 つばささん
静岡県 英子さん
兵庫県 なむさん
福岡県 SHIINAさん
愛知県 みーこ姉さん
広島県 スナフキンさん
石川県 きゆーちゃんさん
埼玉県 ひで吉さん
三重県 うさゴンさん

※読者プレゼント商品の詳細は対象劇団のグッズページをご覧下さい。
※読者プレゼントは抽選により当選いたします。
※応募フォームにて記載された「県名」「お名前(ニックネーム優先)」にて表記しております。
※当選商品は本発表後に応募フォームにてお客様が入力されたご住所へ発送いたします。
第14回読者プレゼントも企画しております。皆様からの応募をお待ちしております。
※プレゼント応募多数のため第3回読者プレゼントより、メルマガ登録している方のみの抽選とさせていただいております。ご了承下さい。
※(第14回読者プレゼントにはメルマガ登録をしたのち、読者プレゼントへご応募して下さい。)
※(既にメルマガ登録して頂いている方は、再登録の必要はありません。)


業界初スタンプ

20141029

0481.jpからのお知らせ 

業界初スタンプ

皆様、大変お待たせしました!

遂に新生真芸座•哀川昇LINEスタンプの販売が開始されました!!

日本語版

http://line.me/S/sticker/1035370

英語版

http://line.me/S/sticker/1037715

文字の部分が違います。
是非両方ダウンロードして下さいね꒰ ´͈ω`͈꒱

検索機能をお使いの場合は下記の語句を入れて頂くと見つけられます。

・大衆演劇
・哀川昇
・座長
・新生真芸座
・真芸座
・伝統芸能

お待ちかねの座長に加え、芝瞳、三代目ター坊、そして、シークレットキャラクターにはチッコロ皇子まで登場しています!

是非皆様毎日のラインでいっぱい使って下さいね♥

デザイナー北沢直樹さんのページも是非チェックして下さいね!

facebook.com/kitazawa.naoki
Instagram.com/naocky33
twitter.com/shimo_kitazawa


大衆演劇公式サイト0481.jp宣伝 ボートレース

20140629

0481.jpからのお知らせ 

大衆演劇公式サイト0481.jp宣伝 ボートレース


6/24から、浜名湖競艇場にて開催されてきました、
第24回グランド チャンピオン シップも、
今日が最終日の優勝戦となります。

本日の10レースに
大衆演劇公式サイト0481.jpが宣伝されます。

6/6の0481.jpブログより引用→
浜名湖競艇で開催される「SG第24回グランドチャンピオンシップ」2014. 6/24~29

最終日の6/29 10レースに、大衆演劇公式サイト0481.jpの宣伝告知がされます。

「冠レース」と称されるレースです。

全国各地にあります競艇場のイベントホールにて、歌手やタレントのイベントが開催されております。
大衆演劇も、時々ですがイベントの一つとして競艇場のイベントホールで公演を行っております。
最近では、浜名湖競艇場、住之江競艇場などで開催されました。
臨場感溢れるボートレースと共に、華やかな大衆演劇がとてもマッチしています。

「SG第24回グランドチャンピオンシップ」 6/29 10レース です。
お時間のある方は、是非テレビやラジオで0481.jpの宣伝をご覧ください。


□■第13回読者プレゼント■□

20140624

0481.jpからのお知らせ 

□■第13回読者プレゼント■□
応募期間 2014年8月10日まで

今回の読者プレゼントは「劇団ふじ」「劇団美山」「光栄座」「浅井研二郎劇団」の各座長より下記の商品を御提供をいただきました。
各座長、ありがとうございました。

■「劇団ふじ」 11品
「藤仙太郎座長サイン入舞台扇子」 3名
「劇団ふじ うちわ」 5名
「藤仙太郎座長ストラップ」 3名

■「劇団美山」 11品
「里美たかし座長サイン入舞台扇子」 2名
「里美たかし座長チケット入れ(女形)」 3名
「里美たかし座長チケット入れ(立ち役)」 3名
「里美たかし座長KEYMATE(キーケース)」 3名

■「光栄座」 3品
「滝夢之助座長サイン入ポスター」 3名

■「浅井研二郎劇団」 10品
「浅井研二郎座長写真入りメモ帳 男&女セット」 10名

以上35品となります。
応募はお1人様1品に限らせて頂きます。
どしどしご応募ください。

応募期間 2014年8月10日まで
・プレゼント商品の詳細は対象劇団のグッズページをご覧下さい。
・「プレゼント応募」ページの内容を全て御記入の上、「希望商品」欄に御希望の商品名と劇団名を記入し「メールを送信する」ボタンをクリックしてください。
・当選者発表の際、応募フォームにて記載された「県名」「お名前(ニックネーム優先)」にて表記し、当選者発表時に「○○県○○さん」と記載されます
・プレゼント商品同種に色や形が異なる品の種類がある場合、指定はできませんのでご了承ください。
・プレゼント応募は0481.jpのメルマガ登録をしている方のみの抽選とさせていただきます。
・当選者発表は0481.jp内の"ニュース"「0481.jpからのお知らせ」にて発表します。
メルマガ会員の皆様には、「読者プレゼント当選者を発表しました」というメールを配信いたします。


速報 新生真芸座 哀川昇座長CM

20140618

0481.jpからのお知らせ 

新生真芸座 哀川昇座長のCMが公開開始されました。
是非ご覧下さい。


「CHANGE」
http://youtu.be/oEzacLAItj0

「KEEP」
http://youtu.be/Qpu3EC_yAqU


浜松市の新規劇場施設について

20140105

0481.jpからのお知らせ 


新年を迎え、元旦の天気の如く清々しい気持ちで初詣をしてきました。(浜松市の元旦は晴天でした)


浜松市の劇場施設(公演先の新設)について、昨年末に数多くのお電話を頂戴しました。
弊社の説明不足により、お客様から「幸福座の緞帳降ろしの際に劇場を新設するように努力しますと言っていたのにどうなったの?」と半ばお叱りを受ける形の電話を数多く頂戴いたしました。
「私は大衆演劇を見たい人たちの代表で電話をしています。市役所に電話をしても取り合ってもらえず、私たちの不満を何処へ訴えたらいいのか思案した結果、こちらへ電話しました」という方もいらっしゃいましたので、ブログの中ではございますが、ご説明申し上げます。

先ずは、幸福座の緞帳降ろしの際に劇場を新設するように努力しますと言っていたのは、嘘ではございません。
このブログページの下記にある記事をお読みいただくと、「べんがら横丁」に関する記事がありますのでご一読ください。経緯をお解り頂けると存じます。

その後も、様々なお客様から「○○町にあるあの施設を劇場に出来るのでは?」という御連絡を頂き、その都度、下見をし、行政書士へ問い合わせをするなどの努力をしています。
しかしながら、「帯に短し、たすきに長し」といった状況により、現在のところ劇場に適する所はまだ見つかっておりません。

例を申し上げますと、
・○○の跡地→舞台と客席のスペースはあるが、楽屋となるスペースが無くNG。
・街中にある複合ビル→床から天井の高さが劇場に適さずNG。
・郊外にある○○の跡地→市街地から離れすぎる場所にあり、交通の便が悪くNG。
・郊外にある○○の跡地→市街地から近いが建物の所在地が法律により劇場運営が不可能な場所ということによりNG。

というように、昨年の後半、数多くの物件を見て回りました。
一日も早く、皆様に楽しんでいただく施設を作りたいと思っておりますので、諦めることなく今後も施設を探していきます。

浜松市近隣の皆様、大衆演劇を忘れることなく、今後もご支援を頂けますよう宜しくお願い致します。

浜松総合企画株式会社
大衆演劇公式サイト0481.jp


平成二十六年

20140101

0481.jpからのお知らせ 

明けましておめでとうございます
旧年中はひとかたならぬご厚情を賜り誠にありがとうございました
本年も倍旧のお引き立てのほど宜しくお願い致します

浜松総合企画株式会社
大衆演劇公式サイト0481.jp


浜松市の「べんがら横丁」について

20130625

0481.jpからのお知らせ 

皆様こんにちは。
梅雨の季節です。皆様いかがお過ごしでしょうか。

前回のブログに書かせていただきました「べんがら横丁」に関する進展がありましたので御報告いたします。
地元新聞(中日新聞6/22) (静岡新聞6/23) (日本経済新聞6/25)に掲載されました。

中央地区自治会連合会の皆様をはじめ、劇場新設を熱く希望されているお客様の運動の賜と、関係者一同、心より感謝しております。

市街地の空洞化は大きな問題だと思います。
浜松市は市街地への交通機関など充実していますので、単発的なイベントだけではなく、日常的に「人が集まる何か」をもっと増やすことによって街中の活性化に繋がります。
その一部として、大衆演劇を活用して頂けたら幸いです。

新聞をお読みになられた皆様から連絡を頂戴いたしました。
とても励みになるお言葉をありがとうございました。
微力ですが、大衆演劇公演の実現のためにこれからも頑張っていきます。


新聞記事の内容を記載します。
■中日新聞
劇場設置案 市が拒否。
「趣旨違う」地元民は反発。

浜松べんがら横丁
遠州鉄道高架下の公共空間を利用した飲食施設「浜松べんがら横丁」(浜松市中区)に、運営会社が大衆演劇の劇場を設ける計画を示したのに対し、敷地を貸す浜松市が「事業の趣旨と異なる」として認めなかったことが分かった。
計画に賛同した地元の自治会長らが21日、「地域の総意を踏みにじられた」と市に抗議した。
劇場の設置は、市の公募で開発事業者に選ばれ横丁を運営する不動産会社のアサヒコーポレーション(中区)が計画。
施設中央の約430平方メートルに舞台と客席などを整備するため、市との協定に基づき3月に事業変更計画を申請した。
市は「食をテーマに事業を公募しており、劇場では趣旨が違う」(産業部)と指摘。
5月に市議会に報告、異論がなかったことから「変更は認めない」とアサヒ社に通知した。
これに対し、賑わいや集客が見込めるとして、アサヒ社と連名で劇場の設置を要望していた中央地区自治会連合会が反発。
斉藤正会長と傘下の自治会長三人が市役所に安形秀幸産業部長を訪ね、否認の理由とともに代案を文書で示すように求めた。
取材に対し、斉藤会長は「事業を公募した当時とは状況が違う。大衆演劇のファンは多く、集客が見込める。高齢者の交流の場にもなる」と劇場の必要性を強調。
市の決定に対し「建前論だけ。住民には何の説明もない。」と不満をあらわにした。
一方、市は「公共空間を使って公募で実施する事業である以上、当初の趣旨から外れる変更は認められない」(産業部)との立場を崩していない。
アサヒ社は「地元の皆さんの応援は大変ありがたい。市には何とか考え直してもらい、劇場の設置を実現したい」としている。


■静岡新聞
「芝居一座」市対応に異議。浜松の地元自治会連 質問書も提示。

浜松市中区自治会連合会(斎藤正会長)は21日、中区鍛治町の浜松べんがら横丁内に民間企業が計画した集客施設「芝居一座」の新設を市が承認しなかったことについて、市の安形秀幸産業部長を訪ねて異議を伝えた。
併せて芝居一座新設に代わる中心市街地活性化策を問う質問書も提示した。
大衆演劇を公演する芝居一座の新設は、横丁を運営するアサヒコーポレーション(中区)が3月に市へ申請した。5月には同社や同連合会などが市に承認を求める要望書を
出したが、市側は「食をテーマににぎわい創出を図るという(同横丁の)趣旨から外れる」などとして承認しないと回答していた。
道連合会はこの日、「芝居一座は中心市街地活性化だけでなく、地域の高齢者の交流の場にもなる」などとして再考を求めた。しかし市側はあらためて承認しない考えを示したという。

■日本経済新聞
入店客数が低迷する浜松中心市街地の飲食施設「べんがら横丁」で、館内に大衆演劇を1日数回公演する劇場を設ける案が浮上している。
だが、敷地を貸し出す浜松市は「開館当初の事業趣旨と異なる」として運営会社の計画変更を認めず計画は頓挫。
活性化につながると期待する地元自治会は市に抗議を申し入れるなど反発している。
「納得できない」。
21日、市中央地区自治会連合会の斎藤正会長らが市役所を訪れ、市の産業部長に質問書を提出した。
設置を認めない理由と市街地活性化の代案を示すよう求めた。斎藤会長は「大衆演劇はファンが多く集客力が高い。高齢者が集う場所にもなる」と主張する。
管理者のアサヒコーポレーション(同市)の計画では、施設中央の空き店舗とイベント用スペースに舞台と客席120席を整備する。
同社は3月に事業計画の変更を市に申請。地元自治会や商工会の賛同を得て5月に市議会に要望書を出したが、議員からは否定的な意見が多く、最終的に市も承認しなかった。
市が問題視しているのが、公共空間を利用する施設の性格だ。もともと「食」をテーマに運営事業者を募り、「昭和の横丁文化」のコンセプトを提案したアサヒコーポレーションが事業者に選ばれた経緯がある。
「公募で選んだ以上、『食』という当初のテーマを逸脱する事業変更は認められない」というのが市の考え。今回の抗議を受けても判断は変えない方針だ。
遠州鉄道の高架下で2006年3月に開業したべんがら横丁は客足の低迷が続く。06年度は入店客数が100万人を超えたが、店舗数も入店客も徐々に減り、昨年度の入店者は17万人。今も3つの店舗スペースは空いたままだ。
べんがら横丁のほかにも、01年に閉店した百貨店*松菱跡地の活用策をはじめ、山積する市街地の課題はどれも未解決のままだ。高齢化や産業空洞化など街の環境は刻々変わっているが、市、企業、住民は街の将来像が見通せない状態が続いている。


お詫びと釈明

20130518

0481.jpからのお知らせ 

皆様こんばんは。

つい先日、0481.jpブログに
「浜松市に大衆演劇専門の劇場(アカデミー劇場)が誕生します」
という記事を書きました。
「昨日まで(アカデミー劇場が誕生という記事が)あったのに。」と思われる方も多いと思います。
皆さんが色々な機種の携帯電話やモバイルにて記事をお読みになるので、その記事だけを見て誤解をされることを防ぐためにその記事を削除しました。

釈明をさせてください。

浜松市の幸福座が今年1月末で閉館し、近隣市街地での公演先を探していました。
浜松駅前にある「べんがら横丁」という施設が候補に挙がり、大家である地元企業も市街地の活性化に繋がるとして合意に至り、劇場開業に向かい進行していました。

この「べんがら横丁」という施設は、浜松市と地元企業が協力し、浜松市の鳴り物入りで開業した飲食店テナントの集合施設です。
駅前の一等地という、他所に類を見ない立地条件です。
遠州鉄道という、浜松市街地と浜松市北部をつなぐ電車の高架下にあり、北側には浜松をイメージする「うなぎ専門店」、南側に多数の飲食店が立ち並び、その中央部分に大衆演劇の劇場を作る計画でした。

しかし、昨日の市議会において、
・食をテーマに賑わい創出を図る事業の趣旨から外れる。
・中心市街地の歩行者の動線確保にも影響する。
として、劇場施設の許可が下りませんでした。

ここで少し意見を述べさせていただきます。
・食をテーマに賑わい創出を図る事業の趣旨から外れる。→当初、べんがら横丁は飲食店テナントの集合施設として開業しましたが、時の経過と共に来場者が減少している状況でした。
そこへ大衆演劇の劇場を作り、施設への来場者を増やす=市街地の中心ですから、街中の活性化に繋げるという趣旨でした。
・中心市街地の歩行者の動線確保にも影響する。→確かに劇場を新設した場合、南北の通路は会場部分を14メートルほど遮断してしまいますが、既に施設の北側には「うなぎ専門店」があり、施設の中を南北に通行できる状態ではありません。ですが、既存の東西の通行を妨げる事はありません。

私は、0481.jpのブログで政治的な話をするつもりは無いのですが、今回のべんがら横丁の劇場新設計画については我が事ですので、少し書かせていただきます。

静岡県は、県庁所在地の「静岡市(人口72万人)」、西部の「浜松市(人口81万人)」が良く比較されます。
上記のように、人口では県庁所在地を上回っている浜松市ですから、市街地が静岡市より賑わいがあると感じられる方が多く、他県から来られたお客様が街の中を見られた際に「浜松って意外と街が小さく賑わいが感じられない」と言われます。
こういう現状になってしまった原因には諸説有ります。
それぞれの説が的を得ていると私は思いますが、過去を振り返って反省した内容を、今、改善しなくてはいけないのではないでしょうか。
とにかく、街中に「人が集まる努力」をしなくては、市街地の空洞化は止まりません。

決して、「だから大衆演劇の劇場を。」というばかりでなく、
・ご高齢者や障害を元方の福祉的見地→高齢者は郊外にあるショッピングセンターへ行こうにも移動する足がありません。自分の楽しみのためにタクシーを利用し移動費に高額を費やすことや、家族や知人に送迎をしてもらう遠慮。を考えれば、公共機関を利用して気軽で安価に移動することが出来る市の中心地へ、「楽しみがあり」「他の人とのコミュニケーションがある」「居場所」を作っていく使命があるのは、行政ではないでしょうか。

・さかのぼれば、8年前、名古屋市で弊社が営業をしていた 今池アカデミー劇場を閉館したとき。
・昨年末、長年大衆演劇公演をしていた 袋井市 ふくろいラドンセンターの閉館のとき。
・今年1月、長年大衆演劇公演をしていた 浜松市 幸福座閉館のとき。
私は、様々な境遇のお客様からお話をお聞きしました。
私が皆様からお聞きしたご意見の代表的なものを書かせていただきます。

・60代の頃から芝居を観るようになり10年間大衆演劇を楽しんできました。今では芝居を観て一喜一憂することが老いない秘訣と思っていたのに残念でなりません。

・私は体に障害を持っています。障害があっても、健常者の方と同じく、悲しいお芝居には涙をして、喜劇に笑い、舞踊ショーに興じます。その場所が無くなってしまうことはとても悲しいです。

・私は男性です。1日の仕事が終わり、ここへ来て一杯飲みながら芝居を観て、休憩時間に知人と雑談することが楽しみでした。そういう場所を近くで作って下さい。

・私はお芝居を週に2~3回観に来ます。なぜならば家に居ても一人暮らしだからです。ここへ来れば顔見知りの人と話ができ、楽しい時間が過ごせます。 どうか無くさないで下さい。

・27年も続いてきた大衆演劇が無くなるということは、ひとつの文化が消えるということです。ご高齢の方をはじめ、様々な方々の拠り所になっていますし、市の福祉課などに相談してみてはどうでしょうか。是非この地域で再建して下さい。

上記のようなご意見を拝聴し、私は色々なことを感じ、想いました。

今回のべんがら横丁の劇場新設計画にあたり、その想いを実現できると思っていました。

劇場へ来られるお客様をはじめ、業界関係者、友人、知人、従業員や家族らと共に、地元である浜松市に少しばかりの貢献が出来たのではないかと悔やんでおります。

本日の地元新聞記事に、べんがら横丁の大衆演劇劇場新設計画の中止が載りました。
なぜか、とても小さい記事でした。その記事を見たり聞いたりされた数々のお客様から電話を頂戴し、「市役所へ直談判をしてくる」というお客様までいらっしゃいました。
まだ、チャンスがあるのならば、この想いを実現する努力を惜しみません。

期待されていたお客様をはじめ、業界関係者の方々には、多大なご迷惑をお掛けすることになりましたことを、心よりお詫び申し上げます。

by 代表 塩崎